いった―バンゲラズキッチン 銀座

南インドはマンガロールという港町出身のシェフのお店らしい。銀座インズ2という絶妙に行かないテナントに入ってるがいつも満席で、行ってみたらなんかうっかり入れたので入った。

バンゲラズキッチン店頭

なんかまあ適当にミールスかビリヤニか~と思ったらこれはもう申し訳ないくらいに凝った店で、おさかな10種類くらいのビリヤニがある。ビリヤニ屋ではないのでビリヤニ以外でもおさかな10種類くらいのレパートリーある。さかなださかな。インド料理であんま見ないぞすげーぞ。注文の仕方がわからず、というかメニューの味方がよく分かってなくてなかなか注文せずにいたら店員さんが「何食べたいの?」とのことで「んービリヤニかミールス?」といったらサワラのビリヤニおすすめされたのでそれを頂いた。

キングフィッシャー

25分くらい待つ。つまり毎回炊いてくれる。やばい。ミールスその場で炊いてくれるやばい。そんなこと普通の飲食店する?いいのそんなで?ゆうても銀座よここ?とか考えつつ、キングフィッシャー飲みながら待つ。このお店はいつも混んでるんだけど団体で予約で混んでいる感じで、今日も仕事帰りの団体が「ここはね~南インド料理だからナンはないんですよ~」みたいな会話をしていてにこにこしながら聞いていた。そうねナンはあんまり食べないみたいねわたしはパパドがすきだよ。

ビリヤニ

そんなこんなでけーたいでマリオカートやってたら来ましたドーン。はい優勝。もう見た目でうまい。キングフィッシャー追加でお願いしまーす(当然飲みきってる)。

やーなんだこれバスマティなんだけど炊き込みのと白い米と層になってるのか?ほわーーーと一口食べて、あああ美味しい。美味しい。なんだこれやっべえ。そうだわこれサワラが入ってるんですわ。サワラ。サワラのビリヤニ頼んだんだった。さかなだよさかな。おさかな。おさかなけっこうおおきいかたまりはいってるな?

アアーすげえこんなのなかなか食べれないアアーと、食べたらなくなってしまうのが大変もったいなくてゆーーっくり食べていたら店員さんに話しかけられた。「ビリヤニ、味、大丈夫ですか?」ってアアーーーーごめんねインド人優しいよね(主語デカ)すっごい美味しくて食べるとなくなっちゃうからゆっくり食べてるんです!と伝えたところ「ああ~でも魚が沢山入ってますからね~おいしいですか?」「めちゃめちゃ美味しいです!!」「良かったです~(ニコニコ」みたいになる。やーうめえよほんとおいしいよ泣きそういやもうありがとう~~とか思いながら食べ進めると、これ、サワラまるまる1匹?入ってるじゃないですか~~????!?!いいんですかそんなんで???確かにいい値段しましたけどね???そんなことします???

いや、ていうかこれあの南インド料理によくついてるヨーグルトあるね、まだかけてないね。パチャディっていうんだっけねこれ私まだ美味しくいただけたことがなくて、あーでも今日なら?この店なら?とか思って口にしてみるとこれが甘くない。いい意味で。ナンダコレハーなんかはっぱ入ってるーなんだっけこのはっぱーわかんねーーでもこれなら行けるかも!!と思いビリヤニにかけて食べたらこれがうまい。やばい新境地開拓した。感動。南インド料理好き~とかいいつつパチャディの領域はまだダメだったんだ私。いやこれはもう食べ方わかりましたわ。完全に理解した(分かってない) なんだこれうめーーーああもうこの店尊い、ああこれを尊いというのだわ食事がほんまに尊いありがとうありがとうありがとうみたいに食べて、やーこれ多いわ、食べたらなくなっちゃうからみたいなややこしい事言ってごめん、これはおなかいっぱいすぎですありがとうありがとうとなんらかに感謝しつつ食べきって店を出ました。また行きたいです。本当は誰にも教えたくないんですがってこういうのを言うのかなって思いました。

バンゲラズキッチン 銀座

〒104-0061 東京都中央区銀座西2−2 銀座インズ2 2F

03-3561-5516

https://goo.gl/maps/1D37bGyHEvCvQ2wT7

https://tabelog.com/tokyo/A1301/A130101/13217211/

スポンサーリンク
olivia




olivia




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
olivia